• ホーム
  • インポテンツ改善に漢方は効く?

インポテンツ改善に漢方は効く?

2020年01月28日
カプセルと瓶

インポテンツとは、男性の性機能障害のひとつである勃起不全のことをいいます。
正常に勃起するためには性的刺激を受けることで陰茎の中にある血管が広がり、血液が陰茎に流れ込むことで勃起するものと考えられています。
しかし、インポテンツは動脈の広がりが不十分で、血液が十分に陰茎に流れなかったり、勃起に繋がる陰茎が痛んでいる、勃起までに時間がかかってしまうなどの生涯が出てきてしまいます。

原因は加齢のほか、ストレスや不規則な食事、運動不足、過度なアルコールのとりすぎ、喫煙などの生活習慣、糖尿病や高血圧などの生活習慣病も関係しているといわれています。
また、心因性である不安や自信の無さなども要因となってしまいます。

漢方では、インポテンツは五臓六腑の腎に精が不足してしまう腎虚が原因と考えられています。
一般的に老化することによっておこる腎虚ですが、ストレスや病気などからも引き起こされてこともあり、治療するためには腎の働きを補う漢方薬が処方されます。
過労などが原因の場合のインポテンツである場合には、自律神経の乱れを整える漢方が使われます。

精子の数を増やして活動力を増やしたいというときは魚の浮き袋を配合したものや、加齢からくる体力低下、疲労回復なら動物性補腎薬が複数配合されているものなどがあります。
大切なのは個人の体質に合ったものを選ぶことが重要です。

また、漢方に加えて生活習慣を整えて、適度に運動を行ない、栄養バランスのとれた食事を行なう、酒やタバコは控えるなどの生活を改善していくことも治していくためには大切で、なによりもパートナーである女性の理解をしっかり得てサポートしてもらうことがインポテンツの治療へと繋がります。