• ホーム
  • アボルブカプセルを服用するとインポテンツになる可能性

アボルブカプセルを服用するとインポテンツになる可能性

2020年03月01日
心配している男性

前立腺治療薬のアボルブカプセルを服用すると肥大した前立腺が小さくなりますが、男性モルモンの分泌が抑えられるので、インポテンツになる可能性があります。
ホルモンバランスが回復するとインポテンツも完治しますが、それまでは勃起を維持するのが難しいのでバルデナフィルなどの勃起治療薬を用いてセックスをします。
バルデナフィルは効果が長いのが特徴で、一度服用すると30時間以上持続することから世界でも人気となっています。
ジェネリック医薬品も安価で販売されていますが、日本では医師の処方箋がないと手に入れることはできません。
アボルブカプセルを服用すると排尿困難や頻尿を治療することができますが、男性ホルモンに働きかけるので、中高年のように分泌が減少傾向にある男性の場合はアボルブカプセルによって性欲が低下して、セックスが正常にできなくなります。
この場合には治療が終わるまで様子を見ることもできますが、それが出来ない場合にはインポテンツを治療しなければなりません。
バルデナフィルは勃起治療のために開発された薬で、性的刺激があると自然に勃起することができるので、効果が持続しても全く問題がありません。
インポテンツの原因の一つにペニスへの血液の供給が少ないことがありますが、バルデナフィルはこの症状を改善して、勃起を維持できるようにします。
世界的に人気の薬でインターネットの個人輸入代行業者に注文をすると1週間程度で家に届けられますが、口コミなどを調べて信頼できる業者に依頼をしないと偽物が送られてくる可能性もあります。
インドやインドネシアなどでも作られていて、高度な技術と衛生環境の中で製造されていますが、中には粗悪なものを作る業者もいるので注意が必要です。